2007年05月30日

義父の命日


5月26日は義父の命日でした。


1ヶ月前に一周忌法要を行い
いろいろと義父のことを思い返しましたが
やはり『命日』は別格であるような気がしました。


【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む
posted by ゆりり at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

2007年05月28日

Mr.肺ガンさん


じぃじ(義父)が肺ガンで亡くなって

泣きながら更新したブログに、コメントをいただきました。


“Mr.肺ガン”と名乗るその人に

はじめは嫌悪とも警戒とも言える印象を持っていました。


【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む
posted by ゆりり at 08:17 | Comment(1) | TrackBack(1) | じぃじ
スポンサードリンク

2007年03月26日

義父の一周忌法要


昨年5月に急逝した義父の一周忌法要及び納骨を

来月初旬に行う予定なのでバタバタしています。



【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む
posted by ゆりり at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年08月20日

ついにお墓を!!

今日、やっとじぃじの転居先(お墓)が決まりました!

【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む
posted by ゆりり at 23:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年08月18日

100年後、どこにいたい?

賃貸住宅にお住まいですか?
分譲住宅にお住まいですか?

どちらも利点がありますが、亡くなったら皆
もれなく分譲住宅へ移り住む必要があります。

【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ

続きを読む
posted by ゆりり at 23:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年08月15日

お墓がない!

5月に亡くなったじぃじの入るお墓・・・
実はまだありません!

じぃじ(ホネ版)、まだ自宅にいます!

【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ


続きを読む
posted by ゆりり at 17:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年07月15日

誰にでも発病する可能性がある

posted by ゆりり at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年07月14日

恥ずかしながら知りませんでした

人が亡くなると、何かと親戚が集まって
○周忌とかなんとかって法要をしますよね。

続きを読む
posted by ゆりり at 14:05 | Comment(2) | TrackBack(1) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年07月12日

患者を生きる

明日はじぃじの四十九日の法要です。


続きを読む
posted by ゆりり at 22:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年06月12日

遺族のしごとB

5時間もの会議の間、じぃじはどうしていたかというと・・・
若返り整形を受けていました。

『エンバーミング』と呼ばれるその技術は
アメリカからやってきたのだそう。
値段もドライアイス料金と同じくらいだし、
葬儀屋さんが盛んに薦めるのでお願いしました。

これが!すごいワザでした。
じぃじは、ものすっごく若く、かっちょイイじぃじに変身してました!
一同ビックリして棺桶を覗き込むほど!

おひげはもちろん、延び放題だった鼻毛も髪も短くキレイに整えられ
一張羅を着て(白装束は着てませんでした)、バッチリきまってる。
“死に化粧”のレベルを超え、“整形”でした。
こんな技術があるんですねぇ

一方、生きているもの達は通夜と告別式に関する細々とした決め事をしつつ、じぃじの一張羅や写真を取りに自宅へ帰ったり食料を調達しに行ったり…
ちなみにその間たー坊は『ひとり運動会』を開催してました。

家族が一番悲しいはずなのにメソメソする暇もありませんでした。
かえってその方がいいのかなーって気もしないでもないですけど。

とにかく、そんな“イッパイ・イッパイ”の遺族に代わり、
せっせと働いてくれたスタッフの皆様に感謝!です。
今回のことで、街中の葬儀屋さんの看板が目に付いて目に付いて
仕方なくなってしまいました。
こーんなにたくさんあったんだなあって、家族全員で話しています。

それから・・・
自分の知っている世界って、実はほーんの少しだけの、
限られた世界なんじゃないかなということに気づきました。
まだまだ知らないことはたくさんあるんだな、って。
わかってるようなフリしてるだけで、実は全然わかってないんだな、って。

「まだまだだよ。もっとがんばりなさい。」

とじぃじに諭されたような気がします。


・・・はい。がんばります。

posted by ゆりり at 17:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年06月09日

遺族のしごとA

会議とは、通夜及び告別式の段取り会議です。
葬儀屋さんとは以後何度も打合せを行わないといけないのですが
とりあえずやらなくちゃいけないことは通夜と告別式。
これらが最優先です。

そして真っ先にしたことは・・・ 火葬場の予約でした。
火葬の予約はいい時間からどんどん埋まるとのこと。

いい時間て。。。 何時だと思いますか?

11時半くらいからが最良の時間とされているそうです。
火葬している間、昼食をとれるからです。

う〜〜んん なんとなく。 なんとなく、なんですよね。

でも実際、亡くなる直前直後はろくなものを食べられない状態が続くので

「あー 久しぶりに食べたちゃんとしたゴハンだったなあ」

というのが食後の感想です。
しかも最近できたばかりのキレイな火葬場だったので
ホテルの和食レストラン?料亭?というかんじでした。

火葬場の場所も、新しく建設中だったことも、
全く知りませんでした。
こうなってみないと知りえなかったことでしょう。

さて、火葬場の予約が取れたら、逆算してどんどんいろんな
イベントの時間割ができてきます。
時間割ができればあとは細かいことを決めるだけ。
なのにどうして5時間もかかるんでしょうね!?
一気に書けません・・・
posted by ゆりり at 22:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年06月06日

遺族のしごと@

検査入院のつもりで入った病院で1ヵ月後にじぃじが亡くなってしまったわけですが、遺族はしんみりと悲しむ暇もなくバタバタとたくさんのしごとに追われるハメになります。

普段の生活の中で、通夜・葬儀・火葬・骨壷・仏壇・位牌・墓・・・
これらの言葉はタブーとされ、無意識に視界から消しています。
無意識なので、そうしていることさえも気づかないくらいです。
これは実際家族が亡くなってみないとわからないことなんだと思います。
私達がまさにそうでした。

息を引き取った直後、まずしなければならないのは「電話」
親戚、勤務先、近いうちに会う約束をしていた友達等に第一報を入れます。
近しい親戚が病院の霊安室に集まり一通り亡くなるまでの状況を医師から説明されたら、次は今後のスケジュールを決めないといけません。

だいたい、病院には葬儀屋がスタンバイしています。
なにもかも手配してくれるので、なーんにもわからない遺族はその業者に全てお任せすることになります。

パパ実家は集合住宅(しかも上の階)なので、残念ながらじぃじは自宅に帰れません。となると、じぃじの宿泊先が必要になるわけです。
今回じぃじは葬儀屋さんに1泊しました。そしてこれはもちろんタダではありません。

病院から、葬儀屋さんの車を先頭に(じぃじはこの車に乗車)じぃじの宿泊地となる場所へ親戚達がゾロゾロと移動します。
いくら近しい間柄とはいっても久しぶりに会う仲間達なので、お互いの車の色さえもわからず「とにかく行きましょ」という具合に病院を後にしてしまい、途中ではぐれちゃう車なんかもいて大変でした。
最低でも全員携帯電話の番号を交換しておくなりの準備が必要でした。
(地図を頼りに、30分くらい遅れて合流できました。)

みんな葬儀屋内にある控え室に落ち着き、一息入れ… てからが、大変!
5時間近くにも及ぶ『会議』が行われるのでした。
posted by ゆりり at 05:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | じぃじ
スポンサードリンク

2006年06月03日

ゆりりの願い

先週金曜日の朝、じぃじが亡くなってしまいました。
69歳になったばかりでした。

ほんの1ヶ月ほど前に初期と思われる小さな肺ガンが見つかり

「検査入院するだけだから大丈夫だよ」

と笑顔を見せてくれた義父。
たー坊ととっても仲良しだったじぃじ。

たったの1ヶ月で、どんどん具合が悪くなり
結局ガン細胞の検査もできずに、
あっという間に天国へ行ってしまいました。

もう自分で体の向きも変えられないのに

「たー君の声がする」

と言って起き上がろうとしていたじぃじ。。。

最後の言葉はやっぱり
「たー君・・・」
でした。

たー坊も出棺間際までじぃじの側をウロウロ。
棺を覗き込んでは

「じぃじ、なかなか起きないねぇ。おかしいねぇ。」


大好きで、仲良しのじぃじ。

どうかたー坊がじぃじのことをいつまでも忘れませんように。。。

posted by ゆりり at 23:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | じぃじ
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。