2007年09月05日

夜間病院に行きましょう


具合が悪いのに、

熱が39度あるってのに、



受診を断固拒否するわが息子 ふらふらダッシュ(走り出すさま)



【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ

座薬で熱は下がらなかったけど、数時間眠れた息子。

ほんの少し持ち直し、



「おなかすいた。ちゅるちゅるでも食べようかな」



彼は“おしょうゆのちゅるちゅる”(=蕎麦)が大好き黒ハート

ハイハイ。と即座にゆでて差し出してみると
いつもの3分の1くらい食べた。


食べ終わったところで説得開始。




母「ね。お熱が下がらないから、お医者さんに行かない?」

子「行かない」

母「行かないと、お熱下がらないよ?」

子「だいじょうぶ。さがるから。」

母「やけに自信満々じゃない。
  でもママは心配だから病院に行ってほしい。」

子「やなんだよー びょういんはむかっ(怒り)

母「そういわずにさ。ほら、夜のお散歩だと思って」

子「目 夜のおさんぽ?」

母「そうそう、お散歩。
  途中でちょろっと病院に寄ってみたり。どお?」

わーい(嬉しい顔)「おさんぽ、いく〜〜るんるん



やれやれ。



「お散歩なのに歩かないの?」とうるさい息子を小脇に抱え

チャイルドシートに装着。


車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


無事、夜間病院に到着。




「おそらくプール熱でしょう。
 座薬入れてからだいぶ時間が経ってるので
 今度はこちらの解熱剤を飲ませて寝かせてください。

 明日かかりつけ医の診察を受けてくださいね。」




そうかそうか、プール熱ね。

アデノウイルス、ってやつか。


熱はまだあるけど、ま、ひとまず安心わーい(嬉しい顔)

お蕎麦食べたから?夜のお散歩だから?
みょ〜〜にハイテンションになった息子を
再びチャイルドシートへ。


散歩の内容についての不満をぶちまける息子を
無理矢理自宅へ連れ帰り、
薬を飲ませて寝かしつけ眠い(睡眠)


結局熱は翌日の昼ごろ下がり、
4日間ほどかかりつけ医から処方された薬を飲み完治ぴかぴか(新しい)


それでも1週間くらいは便からウイルスが排出される
とのことで、ちょうどそのくらいの期間は食欲不振でした。


プール熱は1歳の冬にもやっていたので
今回が2回目。

プール熱ってのは1回やったからもう大丈夫、
な病気ではなく、何度もかかる病気だそうです。

一般的には“プール”って言うくらいだから夏流行するけど
今は冬でも流行ることがあるらしい。
1回目はその冬の流行にのってしまった、
ということのようです。

posted by ゆりり at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | たー坊
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。