2007年05月16日

私のシャボン玉。息子のシャボン玉。


息子とシャボン玉で遊びました。


そういえばシャボン玉なんて子供の頃以来だから
30年ぶりだなあ


【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ


っぷーーーーっっexclamation×2
っっぷーーーーーッッexclamation×2



とにかく勢いよくシャボン液を吹く息子。


あまりに強く吹くのでなかなかシャボン玉ができません。


「もっとやさしく、こう吹くんだよ」


と30年ぶりにシャボン玉を吹いてみました。



ポコポコポコ〜 っとたくさん出てくるシャボン玉



うわあハートたち(複数ハート) 久しぶりだなあわーい(嬉しい顔)


2人で並んでぷぅ〜ぷぅ〜と
シャボン玉を吹いてみました。


ポコポコ。。。
ふわふわ。。。




シャボン玉ってこんなに早く消えてしまうものだったっけ?


子供の頃に作ったシャボン玉はふわふわふわぁぁっと
たくさん自分を包んでくれていたような気がするんだけど。


吹いても吹いても
あっという間にぱちんどんっ(衝撃)と消えるシャボン玉。


割れてしまうのばかりが気になって
ぼーっとする時間が増えてきました。




一方、息子は相変わらず途切れることなく
せわしくシャボン液をつけては
ぷーぷーぷーーと吹き続けている。

生産性は悪いものの、休むことなく吹き続けているので
息子の周りにはなんとなくいつもシャボン玉が漂っている。



なーんだ。この違いかあ


子供は、割れることなんか気にしないで
純粋に『シャボン玉を作ること』を楽しんでるんだ。

なんで割れることに着目しちゃったんだろ?わたし。



なんでもない、ちょっとした子供との交流の中にも
「学び」がありました。

「気づき」って言うのかな?こーゆうのは。



またやろうねって約束をして
シャボン液でべたべたになった手をつないでおうちへ帰りました。

posted by ゆりり at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | たー坊
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。