2007年04月09日

育児と○○の両立


長男を連れて試合に臨んだ

谷亮子さんを見て感じたこと。


【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ


谷選手が、2年間のブランクを経て試合に出場しましたね。


試合の合間に、搾乳&授乳をしていたそうです。



そのことについて、


「職場に家庭を持ち込んでいる」とか
「乳くさい」とか


。。。もうやだ〜(悲しい顔)

ネガティブというかなんていうか。

嫌な言い方をする人がたくさんいるのは
どうしてでしょうね。



ママになった人は試合に出ちゃいけないの?

ママになった人が子供と一緒に行動して何が悪いの?

ママがやりたいことをやるってそんなにいけないこと?



自分の息子がおなかをすかせて泣いていたら
そこがどこであろうと、いつであろうと
おっぱいを出して飲ませる。


これ、母親にとっては当たり前のこと。




ママは何かと非難の的になりがちです。

それは実際ママになってみないとわからないかもしれません。

私も出産するまで・・・
正しくは妊娠するまで、
そのことが理解できませんでした。



「おなかが大きい(もしくは小さい)」

から始まり、

「胸が全然大きくなってこないね」
「妊娠してるのにやせこけてるね」
「妊娠してるからってそんなに太って大丈夫?」
「妊婦なのに顔色が悪い」
 ・・・
 ・・・

なんとまあ、外野のうるさいことうるさいことむかっ(怒り)




女性が強くなったといわれていますが

『ママが自由に生きる権利』

はまだまだ認められていないです。



生き生きと“ママ”をやるには

鈍感力ならぬ外野の声を無視する『無視力』

必要なのかもしれません。


posted by ゆりり at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆりりの考え事
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。