2006年11月12日

子供の溶連菌(3)



今日は溶連菌講座の最終回です。

昨日、一昨日に書き忘れた内容を少し。


【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ



長期間(10日前後)の下痢
長時間にわたる睡眠


この2点を考えると、
やはり一週間くらい会社を休まなければ十分な看病はできません。



熱下がったから
元気そうだから


と途中で薬を止めたり、
思い切って保育園に行かせたりしても
結局なかなか病気が完治せず、
かえってズルズルと長引くことが考えられます。

集中して、看病してあげてください。



抗生物質を飲み始めて一週間くらい経ったら
完治したかどうかの確認検査をするために
小児科医の診察を受けます。

溶連菌は完全に菌を殺さないと、
後でリウマチ熱とか言う病気になってしまう可能性があるらしいんです。

検査方法は簡単。
口の中の粘膜をちょこっと取るだけ。
その検査で陰性となれば、抗生物質は止めてもOKです。



溶連菌は大人でも感染します。
看病中はこまめに手を洗ってください。


子供と自分でイッパイイッパイになりがちですが
パパのことを忘れないでくださいね。
子供の病状が落ち着き、やれやれと思ったらパパが感染した
ってケースもなくもないそうですから。


(パパのみなさま、
 自分の存在を十分アピールしましょう!
 自己アピールを成功させるためには、
 自ら積極的に看病に参加する必要があります。)




溶連菌でお悩みの皆様
少しはお役にたったでしょうか?


お大事になさってください揺れるハート
posted by ゆりり at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | たー坊
スポンサードリンク

この記事へのコメント
こんにちは!

溶連菌。知りませんでした。父親はどうもこういう病気情報に疎いですね。(私だけかも^^;) 大人にも感染するとのことですので、最悪『子供の看病で一週間休み』→『自分にうつってさらに休み』なんてことにもなりかねないのですね。怖いですね〜。

これからの季節、ウィルスやら菌やらが勢力を伸ばしてきますので、体力をつけたりして、できるだけ予防していきたいと思います。親子ともども。
Posted by nemo at 2006年11月13日 15:25
nemoさん、コメントありがとうございます!

ホント。
これからの時期は用心しなきゃ!ですね。
単なる風邪からロタウイルス、インフルエンザ・・・
予防注射で予防できるものは
寒さが厳しくなる前に対処しておきたいですね。

インフルエンザ予防接種、終わりましたか?
うちのたー坊は1回目が終了。
2回目は来週受ける予定です。

栄養と睡眠をたっぷり摂って
元気に冬を満喫したいですね!
Posted by ゆりり at 2006年11月13日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。