2006年09月25日

助け合ってなんぼの世界

また1冊本を読み終わりました。

なかなか考えさせられる1冊でした。


【blogランキングに参加してます】
応援クリックお願いします!


人気Blogランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ

あるメルマガで紹介された本です。

おそらく自分では探しきれなかったでしょう。
あまり接点のないジャンルの本です。


だからこそ、この本との出会いに感謝しています。



田井中さんの目指しているものは『世界平和』です。


正直、ちょっと笑ってしまうような目標・・・かもしれません。


でもみーーんなが少しずつでも『世界平和』を考慮に入れて行動すれば、それはやがておっきな『世界平和』への活動になると思います。


この本を読んで、私も世界の平和のことを考えるようになりました。



バカバカしいという人がいるかもしれない。

ちっぽけな数人の人間の考えが世間に通用するわけがない、
という人がいるかもしれない。


だけど、大きなことって実は小さなことの集まりであるんだから、数人が考えたことだってたくさん集まれば世界をも取り巻くことができるはず。



その一歩として、こんなのはどうかな?


イーココロ!


無料で、世界の困った人たちへほんの少し手助けができるそうです。


先日のお買い物の件同様、ネットではこんなこともできるんですね。
実際私たちは1円も出していないのに、慈善活動ができる。


自分のお得のためだけではなく、
こんなことも積極的にやっていきたいな、と思います。


無料です。
無料ですよ?
やらない、もしくはできない理由が見つかりません。


私は早速登録しました。
田井中さんにも知らせたいなぁ






posted by ゆりり at 10:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめの本・前向き編
スポンサードリンク

この記事へのコメント
こんにちは!

世界の平和、いいですね。(^^)

私も早速、『イーココロ!』に登録してクリック、クリックしてきました。

それにしても、世界平和も小さなところから。そのとおりだと私も思います。

先日、『ワールド・ヴィジョン・ジャパン(『イーココロ!』加入NGOのひとつです)』で理事を務める女性のお話をお伺いする機会がありました。

その女性は、バングラディッシュのスラム街に学校を建てるため、現地で労された人。現地では先生として奮闘していたそうです。

ある日、学校に来なくなった女の子を心配して家に訪ねて行ったときの事。女の子は食べるものを探してゴミ拾いをしていました。

その女の子が先生の顔を見るや大喜び!

「これ食べて!」と女の子が差し出したのは、さび付いた缶の中にこびりついていた7粒のご飯。

実はゴミ拾いの末、ようやくみつけた女の子の大事な大事なお昼ごはんだったと言うのです。

自分にとって大事なお昼ごはんの、しかもすべてを先生に差し出す行為。自分が空腹であるというのに...。

私がこの女の子だったら「半分ずつにしようね」などと言ってしまうところです。いや、きっと半分にすらできないでしょう。

「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」

聖書の中に出てくる言葉ですが、世の中のすべての人がこの言葉を実践できたらどんなにか、良い世界になるだろう。それこそ、この女の子のように...。

私も、言葉として理解するだけでなく、行ないとして実践できる人間になりたい。そう思うパパチャリなのでした。

超長文になってしまいすいません。(^^;
Posted by パパチャリ at 2006年09月26日 01:44
パパチャリさん、
ステキなコメントをありがとうございました。

あと、早速『イーココロ!』に登録してくださり
本当にありがとうございます。

人はとかく「自分に自分に」と目が行きがちですよね。
でも隣人こそを大事にしなくちゃいけない。。

これは【鏡の法則】にも通じるものがあると思います。


「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」


肝に銘じます。
ありがとうございました。
Posted by ゆりり at 2006年09月26日 05:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24389588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。